SHALOM GOSPEL MINISTRY

アクセスカウンタ

zoom RSS 04/20_GOSPEL NIGHT★VOL.14

<<   作成日時 : 2008/03/24 01:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


2008年3月のGOSPEL NIGHTはお休みだったのですが4月はやりますよ〜〜〜!

お待たせしました!4月GOSPEL NIGHTのお知らせです。

今度のゲストはJAZZ、R&B、SOUL、GOSPELピアノを心から
素敵に弾かれるピアニストの吉弘知鶴子さんです。

だいぶ前からずっとラブコールをかけてたのですが、
忙しい方ですのでやっとGOSPEL NIGHTでその素晴らしい魂たっぷり込められたピアノ賛美を聴くことができます。

実はクワイアではなんどもサポートしてくださって、
以前GOSPEL NIGHTでサポートメンバーとして参加してくれたこともあります。

可愛らしく、とてもあたたかくて素敵でありながらも
超カッコ良くて素敵なピアノを弾かれます。
どのような賛美してくれるかが楽しみです!
ピアノのみでするかもしれないし、誰かと共に賛美する可能性もあります。

それは…GOSPEL NIGHTに来ての楽しみにしておいてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月20日(日)
GOSPEL NIGHT★VOL.14
http://c.mixi.jp/gospelnight
=======================================

■日にち 2008年4月20日(日)

■時間  18:30 START

■場所  新宿シャローム教会
       東京都新宿区西新宿7-9-7 ニッカビルB1
       TEL:03-3363-6493
       http://www.shinjuku-shalom.org

■入場  無料

■ゲスト 吉弘 知鶴子 氏

■メッセージ、席上献金有り

■お問い合わせ gospelnight.praise@gmail.com


〜〜〜 ゲ ス ト 紹 介 〜〜〜

吉弘 知鶴子 (Piano,Keyboards,Organ,Composer,Arranger )
画像


日本において最もリアル・ブラックな感覚を振り撒くピアノ/ キーボード奏者が、吉弘知鶴子である。
日本人でありながら、また女性でありながら、R&B/ ソウル、ゴスペル、ブルース、ジャズ……とブラック・ミュージック全般を見事に弾きこなす実力は、他に類を見ない。
アメリカ南部のルーツに根差したヴァイタリティー溢れるファンキーで艶やかな日本人離れした演奏は、アメリカ国内において高い評価を獲得している。
一方、日本においては、現在、ジャズを中心に大きなトレンドとなっている女性ピアニスト・ブームの火付け役となったことでも知られている。
1993 年にジャズの名門、ヴァーヴ/ フォーレキャストに初の日本人アーチストとして迎え入れられ、インコグニートを従えてUK ソウル・テイストなアルバム『コンシャス・マインド』を発表。欧米でも発売され大きな注目を集め、現在の女性ピアニスト・ブームの火付け役となった。
このアルバムは発売10 年が経た現在においても、欧米においては未だラジオでオン・エアーされ続け、クラブ系DJ の間では必須のアイテムとなる程のクラシックとなっている。また日本人として初めてブルーノートTOKYO に1994 年に出演し、現在のJ ・フュージョン・ブームのきっかけを作った。

また過去10 年に渡るニューオーリンズでの実績が高く評価され、文化交流プログラム、文化庁芸術家在外派遣研修員を文化庁から要請され、2002 年11月から2003年10月まで1年間に渡ってブラック・ミュージックの故郷、アメリカ南部はニューオーリンズに滞在。
その集大成として、ケンタッキーのイマニ・バプティスト教会で数十名の合唱隊をバックに自身のゴスペル・コンサートを行った。またニューオーリンズにおいての活躍は目覚ましく、女性ブルース・シンガー、マーヴァ・ライトやマルディ・グラ・インディアン・ファンクを代表するボー・ドリス&ワイルド・マグノリアス、ミーターズのラッセル・バティスタ・ジュニア等、数多くのトップ・ア
ーティストのライヴ・ショウ、レコーディングに参加した。

1995年、1996年、2001年、2003年と、世界最大の音楽フェスティヴァル『ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティヴァル』にも出演した。

大学卒業直後にプロ・デビュー。以降、セッション・ミュージシャンとし、野口五郎、沢田研二、松山千春、つのだ☆ひろ&JAPSGAPS ……と、数多くのアーティストと共演。
1988年、野呂一生、安藤まさひろ、是方博邦によるオット・トリオに参加し、J ・ジャズ/ フュージョンのクール・ビューティとして一気に注目を集める。

1990年、カシオペアの神保彰、櫻井哲夫が結成したJIMSAKU に正式メンバーとして参加。
1994年には山岸潤史、カルロス菅野等と共に浪速オールスターズを結成した。

2000年には『美空ひばりトリビュート』アルバムに参加。この時に美空ひばり愛用のピアノをレコーディングで使用した事が、マスコミで大きく取り上げられた。

また編曲家としても幅広く活動し、TV 番組『おしゃれ30/30 』(NTV) では数々のアレンジを提供し、司会の阿川泰子が歌い、各方面から高い評価を浴びた。

現在は日本とニューオーリンズの両方を拠点として活動。ニューオーリンズにおいてはマーヴァ・ライト、ボードリス&ワイルド・マグノリアスのレギュラー・メンバーとして活躍。
2001年と2004年には、ボードリス&ワイルド・マグノリアスのレギュラー・メンバーとして、ブルーノートTOKYO に登場している。また日本においては、自身のソロ活動の他、阿川泰子、赤木りえ、ウエスト・ロード・ブルース・バンド……とのコンサート活動。さらには米軍キャンプ座間のゴスペル・クアイアとの活動も展開している。


■CD INFORMATION■
画像


ライヴ! ゴッスベルピアノ

吉弘千鶴子
AJCD-0027
Anima Music
¥2,625 (TaxIn)
発売日: 2005.2.26

01. Rev Polk Introduction
02. Piano Song
03. Going Up Yonder
04. Name On High
05. Be Blessed  
06. His Eye is On The Sparrow
07. Amazing Grace
08. None Like You
09 .Gonna Be Alright  
10. Closing Prayer

★クレジット★
Chizuko Yoshino (Pf)
Mark Mabson (Org)
Bill Rawlings (Ds)
Mike Holloman (B)
Elaine Baker (Choir directer)
Recorded on Sep.28,2003

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

是非、ぜひ来てください!!!
待ってます!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
04/20_GOSPEL NIGHT★VOL.14 SHALOM GOSPEL MINISTRY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる